ようこそ! 英語の練習道場、English Sound Cabinへ!

このサイトは、誰でもいつでもアクセスして、英語を話す練習ができる英語練習道場です。このサイトとその演習プログラムは、次の3つ柱からできています。

1つ目の柱 一人でも多くの人が、英語を話せるように!

「英語が話せるようになりたいけど、お金も暇もない」「英会話もやってみたけど、やっぱり発音に自信がない」「英語でスピーチができるようになりたいけど、どうすればいいかわからない」などという人は多いはず。このサイトはそのような人がいつでも好きな時にアクセスして、英語のスピーキング力を付けるために構築された、営利を目的としない無料のサイトです。ここでは、誰でもいつでも、英語の発音からリズムやイントネーション、英会話や英語スピーチまで練習できます。このサイトは、一人でも多くの人が、少しでも英語を話せるように、という願いのもとに構築されたサイトなのです。

このサイトの演習プログラムは調音音声学と音響音声学、そして英語音声教育のさまざまな理論と研究成果に基づいています。すなわち、これまでのさまざまな研究により、日本人が英語の発音・リズム・イントネーション・スピーキング力などを身につけるのに効果的であると考えられる方法に基づき、プログラムが作られています。

2つ目の柱  口の動きを見ながら発音を覚える!

赤ちゃんは、ことばを聞くだけでなく、口の動きを見て、発音を覚えていくと言われています (e.g. Lewkowicz& Hansen-Tift,2012)。自然な英語の発音を身につけるには、正しい口の形とその動かし方を学ぶことが必要なことは言うまでもありません。しかし、1対1の個人指導かごく少数のグループ指導でないかぎり、実際に口をどのように動かして発音すればよいかを、じっくり見て学ぶことは不可能です。そこで、本サイトでは、母語話者が発音するときの口の動きを、正面と横から撮影したビデオを見て、その口の動かし方を観察しながら発音練習を行います。また、外から見ただけではわかりにくい口の中の動きについては、MRI撮影したものを見ることができます。この映像を見ることによって、口の中で舌をどのように動かし英語の音を発音するかを、目で確かめることができます。

さらにもう一つ、このプログラムでは口の動きを見ながらリズムの練習もします。母語話者の発音では、ストレス(強勢またはアクセントとも言います)のあるところでは、それぞれの母音固有の口の形になるのに対して、ストレスのないところでは、口を少し開けて弱く発音します。このような口の開閉とリズムの強弱が対応しているという研究もあります(Mori et al., 2011b; Erickson et al., 2012)。このためからか、英語母語話者は、ストレスの有無により母音の長さを大きく変化させ、長短のリズムを繰り返すのに対して、日本人英語学習者は、母音の長さをほぼ同じに保つ傾向があり(Mori, et al., 2014a)、不自然な英語発音の原因の1つになっています(Mori et al., 2014b)。本サイトでは、ストレスの有無による口の開閉をビデオで見ながら、英語のリズムの練習をします。

3つ目の柱 映画やスピーチのシャドーイング演習!

3つ目の柱は、生の映画のせりふやスピーチをシャドーイング演習するということです。シャドーイングとは音声を聞きながら、すぐ後からリピートする練習法です。ほとんど同時に発音する場合もあれば、数語遅れでリピートする場合もあります。いずれの場合も、聞きながらリピートしなければならないので、最初は混乱し非常に疲れると感じる人も多いようです。しかし、できるだけ早くリピートしなければ間に合わないため、聞いた音声をそのままリピートしようとします。その結果、日本人特有の癖のある発音や間違って覚えていた発音が修正されていきます(門田, 2007)。また、英語のリズムやイントネーションも、すぐさま繰り返すことより改善されます(Mori, 2011a)。

さらにじっくり考える前にリピートするため、考えないでとっさに英語を話す訓練にも役立っていると言われています。最初はほとんどできなかったシャドーイングも、5回ぐらい繰り返すとどんどん言えるようになります(Shiki, et al., 2010)ので、最低5回はシャドーイング演習を繰り返しましょう。

また、このサイトでは、映画のロールプレイだけでなく、シャドーイング演習、音読演習もします。これは、「自分の意見を効果的に表現し伝えられる英語」の習得を目指そうとするものです。「スピーキング」コーナーでは、コピー機の発明に関するエピソードを、まずテキストを見ず、シャドーイング演習し、その後音読演習で聞こえなかった部分、言えなかった部分を確認し、またシャドーイング演習を繰り返します。この演習を繰り返すことにより、表現豊かな英語スピーチのための抑揚やポーズの入れ方などを習得できることでしょう(Mori, 2011a)。

About Us

このサイトの英語演習プログラムは、英語の強弱リズムと口の動きについての研究成果( Mori et al., 2011b; Erickson et al., 2012; Mori et al., 2014a,b) と、シャドーイング、音読の効果についての知見(e.g., 門田 2007; Mori, 2011a) に基づき、森庸子(同志社大学グローバル・コミュニケーション学部)が考案・作成しました。映像の編集、Webの構築は馬場幹彦氏が担当しました。英語母語話者の映像とモデル発音は、母音演習(Part 1, Part 2, Part3)はドナ・エリックソン氏(米語母語話者)、難しい子音の演習(Part 4とPart 5)はAnthony Higgins氏(米語母語話者)の御協力をいただきました。スピーキング演習の教材およびモデル音声は、カーティス・ケリー氏(関西大学)に御提供いただきました。MRI動画は、 林良子氏・中村淳子氏(神戸大学大学院)・ドナ・エリックソン氏(金沢医科大学)・朱春躍氏・定延利之氏(神戸大学大学院)から御提供いただきました。映像の撮影は同志社大学京田辺キャンパスのローム館、マルチ・メディア・ラウンジで行いました。このサイト構築は、日本学術振興会の科学研究費補助金(基盤研究 (A)23242023、研究代表者、定延利之(神戸大学))の助成を受けました。

サイトの利用にあたって

このサイトの練習プログラムは今後も、逐次受講者からの意見や感想、要望を取り入れさらに改善していきます。そして、最終的には、日本人英語学習者のスピーキング力を伸ばすのに、最善かつ最適な英語の練習プログラムを目指そうとするものです。受講する方は、このような趣旨を御理解いただき、ぜひ率直な意見・感想などをお寄せ下さい。なおこのサイトに掲載された内容(テキストおよび映像)の無断コピー・転載を禁じます。

参考文献